シミ 尿素

シミ改善には尿素が効果的!?その理由と尿素の取り入れ方を教えて!

年齢と共に増えてきたシミ。何とかして改善したいですよね?そこでオススメとされているのが「尿素」です。

 

でも、どうして尿素がシミに有効なのでしょうか?今回は、尿素がシミに効く理由と尿素の取り入れ方をご紹介していきます。又、尿素を使用する際の注意点も記載していますので、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

そもそもシミの原因って何?

 

肌は紫外線や乾燥等によってダメージを受けると、活性酸素を生成します。すると、それに伴いメラニン色素の生成量も増加します。そのメラニン色素が肌に残り続けて肌に沈着する事でシミが生じてしまうのです。

 

健康な肌の場合、生成されたメラニン色素はターンオーバーによって剥がれ落ちていきます。しかし加齢・生活習慣の悪化・偏った食生活・ストレス等の影響で、ターンオーバーが乱れるとシミができやすくなってしまいます。

 

シミを改善するには、肌へのダメージを減らす・ターンオーバーを正常に戻す・活性酸素を除去する事が大切なのですよ。

 

尿素がシミに有効なのはどうしてなの?

 

尿素は肌の一番外側である「角質層」の保湿力を高める効果がります。保湿力が高まるという事は、細胞に水分が多く含まれている状態を作り出せるという事です。これによりターンオーバーが促され、古い皮膚から新しい肌へと移行しやすくなるのです。

 

ターンオーバーが促されると、肌に沈着してしまったメラニン色素の排出もスムーズになります。その結果シミを除去できるのです。これがシミに尿素が有効な理由なのですよ。

 

シミ改善に尿素を取り入れる方法を教えて!

 

シミ改善として尿素を取り入れるなら、ドラッグストア等で販売されている「天使の美肌水」という商品がオススメです。配合成分は水・グリセリン・尿素だけと、とてもシンプルな化粧水で赤ちゃんから大人まで利用する事ができるそうです。

 

しかし天使の美肌水を購入しなくても、自宅で同じ内容の化粧水を作る事ができるのです。下記で作り方を記載していきますので、手作りが良いという方はチャレンジしてみて下さい。

 

1:ペットボトルに尿素50gと水200mlを入れ、尿素が溶けるまでよく振る
2:小さじ1杯よりも少なめのグリセリンを「1」に追加して原液が完成
3:原液を水で5~10倍に薄めて化粧水にし、肌に塗っていく

 

たったこれだけです。とても簡単ですよね。尿素やグリセリンは薬局やドラッグストアで販売されていますので、チェックしてみて下さいね。

 

尿素に危険はないの?尿素を使う際の注意点とは!?

 

シミ改善に有効な尿素ですが、実は注意点もあります。尿素はタンパク質を分解して角質を柔らかくする効果があります。しかしその効果が高い分、刺激も強くなってしまいます。

 

つまり肌にダメージを与えてしまうという事です。さらに、尿素は肌のターンオーバーを促し角質を分解し続けますので、肌のバリア機能を弱めてしまうのです。

 

シミ改善に尿素は有効ですが肌へのダメージが大きいですので、結果的に新たなシミを作ってしまう可能性もあるのです。よってシミを改善するには、尿素よりも美白化粧品等でケアする事をオススメします。

 

尿素の力でシミを改善していきましょう!

 

今回は、尿素がシミに有効な理由と尿素の取り入れ方をご紹介してきましたがご参考になりましたか?尿素は確かにシミを改善する効果があると思います。しかし効果が高い分、肌への悪影響も大きいです。

 

よって尿素ばかりに頼るのではなく、他の方法でシミ改善していく事をオススメします。紫外線対策・美白ケア・保湿ケア・規則正しい生活・バランスのとれた食事等を心掛け、シミを減らしていきましょう。

 

又、どうしてもシミが気になって仕方がないという場合は、皮膚科や美容皮膚科を受診してみると良いでしょう。尿素を利用するよりも安全にシミ除去が行えますよ。正しいケアを行って、綺麗な肌を手に入れましょうね!