シミ 遺伝

シミが遺伝するって本当!?その理由と対処法とは?

「加齢と共に増えてくるシミ・・・これって遺伝も関係しているの?」とお悩みの方も多いと思います。遺伝なら自分では予防できないので、とても困ってしまいますよね。そこで今回は、シミと遺伝の関係性についてご紹介していきます。

 

又、シミの原因や対処法も記載していますので、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

そもそもシミの原因って?

 

肌は紫外線や乾燥等によりダメージを受けると、肌を保護しようとしてメラニン色素を生成します。通常ですと、このメラニン色素はターンオーバーによって剥がれ落ちます。

 

しかし加齢や生活習慣の悪化によりターンオーバーに乱れが生じると、メラニン色素が肌に沈着してシミとなってしまうのです。又、間違った肌のお手入れ・ストレス・喫煙・ホルモンバランスの乱れ等もシミを作りやすくする要因となるので、注意しましょう。

 

これがシミの原因とメカニズムです。

 

シミは遺伝が関係しているの?

 

シミと遺伝の関係性は、未だにはっきりとは解明されていません。しかし加齢や紫外線の影響を受けやすい遺伝子を持っている場合は、シミができやすいと言えるでしょう。

 

例えば、ご両親のどちらかが日焼けをすると肌が赤くなる体質の場合、子供も同じ体質である可能性が高いですよね?これはメラニン色素の生成の仕方・残り方が遺伝している為に生じるのです。

 

よってメラニン色素の生成が活発で色素が残りやすい体質のご両親の場合、あなたもシミができやすい体質である可能性が高いです。これがシミと遺伝の関係です。シミは遺伝の場合でも、きちんと対処する事で改善できますので安心して下さいね!

 

シミができにくい肌を!!シミへの対処法を教えて!

 

*紫外線対策を行う*

 

紫外線は肌に大きなダメージを与えますので、シミの原因として一番に挙げられます。外出時は十分な紫外線対策を行い、シミの発生を抑えましょう。又、紫外線を多く浴びてしまった場合は、その日のうちにしっかりケアを行って下さいね。

 

*乾燥対策を行う*

 

肌が乾燥するとそれがダメージとなり、メラニン色素が生成されやすくなります。又、乾燥はターンオーバーの乱れも引き起こします。冬場だけでなく、夏場も保湿ケアを怠らないようにしましょうね。

 

*美白ケアを行う*

 

美白化粧品にはメラニン色素の生成を抑える効果や、できてしまったメラニン色素を還元する効果のある成分が含まれています。アルブチン・トラネキサム酸・エナジーシグナルAMP・ビタミンC誘導体等の成分がオススメですので、ぜひご参考にして下さい。

 

*美白効果のある成分を摂取する*

 

美白効果のある食材やサプリメントを摂取するのも、オススメの対策法です。食材から摂取する場合は、ビタミンA/C/E・アスタキサンチン・オメガ3脂肪酸等が豊富に含まれた食材がオススメです。

 

サプリで摂取する場合は、ビタミンC・プラセンタエキス・トラネキサム酸・L-システイン等の成分がオススメです。これらの成分を積極的に取り入れ、美白・シミ対策を行っていきましょう。

 

*生活習慣を改善する*

 

生活習慣が悪化するとターンオーバーの乱れが生じてしまいますので、シミができやすくなります。肌の新陳代謝を活性化する為にも、不規則な生活・睡眠不足等はしっかり改善していきましょう。

 

シミと遺伝の関係性をよく知りきちんと対処していこう!

 

今回は、シミと遺伝の関係についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?シミと遺伝が関係しているというはっきりとした根拠はありませんが、肌のタイプは遺伝が関係しています。よって日頃の対策をしっかり行い、シミを予防していきましょう。

 

外出時は紫外線対策を行う・正しく肌のお手入れを行う・乾燥をしっかり予防する等を心掛けていきましょうね。又、生活習慣が乱れているという場合は、無理のないように少しずつ改善して下さい。シミへの対策を十分に行い、若々しい肌を目指しましょうね!