シミ 隠す

シミを隠す有効な方法とは!?メイクでシミをカバーして若々しいお肌に!

できてしまった気になるシミは、できる限り人に見せたくないですよね?その為にはメイクでカバーするのが一般的ですが、上手く隠せずに悩まれている方も多いと思います。そこで今回は、メイクでシミを隠す方法をご紹介していきます。

 

シミの大きさや濃さ別でメイク方法を記載していますので、ぜひご参考にしてみて下さいね!

 

広範囲にできた薄い色のシミを隠す方法とは!?

 

広い範囲に広がった薄い色のシミには、リキッドファンデーションを利用するのがオススメです。まず、顔全体にファンデーションを塗ります。この時、シミの部分にファンデーションをのせてから、顔全体に伸ばしていって下さいね。

 

そしてファンデーションを塗ってもまだシミが気になる場合は、再度ファンデーションを塗ります。2回目のファンデーションを塗る際は、指や筆にとってから肌にのせていくのがポイントです。これが終わったら、指やスポンジでファンデーションを馴染ませます。

 

トントンと押さえるように、優しく馴染ませましょう。最後にフェイスパウダーをのせて完成です。こちらもシミの部分からのせていき、徐々に顔全体に広げていきましょう。

 

これで広範囲の薄いシミを隠すメイクは終了です。シミと言えばコンシーラーですが、広範囲に塗ると厚ぼったくなってしまいます。よって広範囲の薄いシミはファンデーションを使って隠すのがベストですので、覚えておいて下さいね。

 

広範囲にできた濃い色のシミを隠す方法とは!?

 

広範囲でできた色の濃いシミの場合は、コンシーラーを利用しましょう。まず初めに、顔全体にファンデーションを塗ります。上記でも記載しましたが、ファンデーションを顔全体に塗る際は、シミの部分にのせてから徐々に顔全体に広げていきましょう。

 

次にコンシーラーを手の甲にとり一度馴染ませます。そして少量ずつ指でシミの上にのせていきましょう。この時、指でトントンと馴染ませながらコンシーラーをのせていきます。

 

シミがなかなか隠れない場合は、コンシーラーを隠したい部分の中心に追加していきましょう。そしてシミが気にならなくなったら、フェイスパウダーをのせて完成です。フェイスパウダーもシミの部分から徐々に顔全体に伸ばしていって下さいね。

 

小さめで薄い色のシミを隠す方法とは!?

 

小さめの薄い色のシミは、ファンデーションとコンシーラーを使ってカバーしていきます。ファンデーションはリキッドタイプ、コンシーラーは筆タイプのものがオススメですよ。まず、ファンデーションをシミの中心にのせ、徐々に顔全体に伸ばしていきます。

 

次に筆タイプのコンシーラーを少量ずつシミの上にのせ、指でトントンと馴染ませます。筆タイプのコンシーラーがない場合は、筆を用意して普段のコンシーラーを塗っていきましょう。最後にフェイスパウダーをのせれば完成です。

 

小さめで濃い色のシミを隠す方法とは!?

 

小さくて色の濃いシミの場合は、カバー力の強いコンシーラーを使ってシミをカバーしていきます。まずファンデーションをシミの部分に塗り、顔全体に広げていきます。そしてカバー力の強いコンシーラーを肌に直接のせます。

 

この時、使いやすいスティックタイプのコンシーラーを利用すると良いですよ。シミの部分にコンシーラーをのせたら、指でトントンと馴染ませましょう。最後にフェイスパウダーをのせて完成です。

 

ファンデやコンシーラーを利用して上手にシミをカバーしましょう!

 

今回は、メイクでシミを隠す方法をご紹介してきましたがご参考になりましたか?シミのタイプでもメイク方法が変わってきますので、今まで間違ったメイクを行っていたという方も多いと思います。

 

始めは慣れない手順で面倒と思われるかもしれませんが、ひと手間でシミを隠す事ができますので、ぜひ試してみて下さい!上手にメイクして、気になるシミをカバーしていきましょうね。