シミ 治し方

シミの治し方とは!?自宅でできるケアと病院で行うケアをご紹介します!

「1日でもシミを早く治したい!」女性ならそう感じてしまいますよね。しかし、どういったお手入れ方法が効果的なのか分からないという方も多いと思います。

 

又、皮膚科や美容皮膚科できちんと治療したいけど、どんな事が行われるのか不安という場合もあるでしょう。そこで今回は自宅でできるシミの治し方と、病院で行うシミの治し方をご紹介していきます。シミでお悩みの方は、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

そもそもシミの原因とは?

 

紫外線・乾燥・間違ったスキンケア等の影響で肌がダメージを負うと、自らを守ろうとメラニン色素が生成されます。このメラニン色素が肌に残り続け、沈着する事でシミができてしまうのです。

 

通常ですと、メラニン色素は肌のターンオーバー(新陳代謝)により剥がれ落ちます。しかし加齢・乾燥・生活習慣や食生活の悪化等の影響で、ターンオーバーは乱れてしまいます。

 

これにより古い肌から新しい肌へ移行する事ができなくなりますので、シミが生じやすくなるのです。これがシミの原因とメカニズムです。シミを改善するには、肌へのダメージをなくす事とターンオーバーを正常化する事が肝心ですので、覚えておいて下さいね!

 

シミを自宅でケアしたい!シミの治し方とは!?

 

*紫外線対策*

 

紫外線は肌に大きなダメージを与えますので、シミの原因として一番に挙げられますよね。よって外出時は日焼け止めクリームやUV加工された帽子等で、十分な紫外線対策を行いましょう。

 

*美白化粧品を使う*

 

美白化粧品にはメラニン色素の生成を抑える効果や、メラニン色素を還元する効果等があります。シミが気になる方は、積極的に美白化粧品でケアすると良いでしょう。又、乾燥もシミの原因となりますので、美白しながら保湿も行える化粧品がオススメですよ。

 

*生活習慣・食生活の改善*

 

不規則な生活や寝不足はターンオーバーの乱れを引き起こします。今、生活が荒れているのならば、まずは生活習慣を改善してみましょう。又、食事もシミと大きく関係しています。

 

偏った食事を続けていると、健康的な肌をつくる栄養素が不足してしまうので、注意が必要なのです。美肌をつくるビタミン類・抗酸化作用のあるリコピンやβ-カロチン等は、積極的に取り入れていきましょう!

 

体の内側と外側からダブルでケアして、若々しく健康的な肌を取り戻しましょうね!

 

シミを病院でケアしたい!どんな治療が行われるの?

 

シミを病院でケアする場合、美容皮膚科を受診するのが一般的です。美容皮膚科とは、シミやしわの改善というような「美容目的の治療」を行う病院です。

 

普通の皮膚科でもシミ治療を行っている病院はありますが、治療法の種類が豊富な美容皮膚科の方がオススメです。しかし普通の皮膚科とは違い、美容皮膚科は治療や薬代が保険適応外です。その為、あなたの負担額は大きくなりますので覚えておきましょう。

 

では、シミ治療に適している美容皮膚科ではどのような治療が行われているのか?いくつかご紹介していきますね。

 

*レーザー治療*

 

シミ治療と言えばレーザー治療のイメージがありますね。そんなレーザー治療にも種類がありますので、シミ治療によく用いられる2つをご紹介します。まず1つ目が「スイッチレーザー」です。

 

こちらは加齢や紫外線等の影響でできてしまった、比較的範囲の狭いシミの治療に用いられます。照射するレーザーの熱エネルギーによってメラニン色素を分解し、かさぶた状にしてシミを剥がす事を目的とした治療法です。

 

シミの種類や状態にもよりますが、一度の施術で完了する場合が多いですので、長期に渡っての治療が難しい方にもオススメです。そして2つ目は「レーザートーニング」です。この治療法は、肝斑の治療に適応しています。

 

この治療は弱い出力でレーザーを照射する方法ですので、比較的肌に優しいというのが特徴です。デメリットを挙げるなら、弱い出力でレーザーを照射する為、一度では完了せず繰り返し治療する事で効果が表れる点です。

 

又、飲み薬や塗り薬を併用して治療を行う事が多いですので、医師の指示に従って使用しましょう。上記の2つがシミ治療で用いられる主なレーザー治療法です。医師と相談して、きちんと治療法を決めていきましょうね。

 

*塗り薬での治療*

 

塗り薬でのシミ治療は、一般的な皮膚科でも美容皮膚科でも行われる治療法の一つです。処方される薬として多いのが「ハイドロキノン」や「トレチノイン」です。ハイドロキノンは強力な漂白作用によってシミを改善する塗り薬で、化粧品等にも用いられています。

 

トレチノインはビタミンA誘導体の一種で、肌のターンオーバーを促進する効果に優れています。シミ治療の場合は、ハイドロキノンと一緒に処方される事が多い塗り薬です。この2点がシミ治療でよく使われる塗り薬です。

 

*飲み薬での治療*

 

シミ治療は飲み薬で行われる場合もありますので、代表的な薬をご紹介します。まず1つ目は「アスコルビン酸(ビタミンC)」です。ビタミンCには抗酸化作用がありますので、シミ改善・シミ予防に優れているのです。

 

2つ目は「トラネキサム酸」です。こちらは肝斑の治療に用いられる薬で、「トランサミン」等の薬剤名で処方されるでしょう。この2つがシミ治療の代表的な飲み薬です。

 

あなたに合った治し方でシミを改善していきましょう!

 

今回は、シミの治し方についてご紹介してきましたがご参考になりましたか?美容皮膚科はほとんどの場合が保険適応外ですので、金銭的な負担は大きくなります。よって、シミを改善するならまずはご自身で行えるケア方法から試してみる事をオススメします。

 

紫外線対策・美白ケア・生活習慣の改善・食生活の改善等を行い、シミをなくしていきましょうね。それでもシミが治らない場合は、皮膚科や美容皮膚科を受診してみて下さい。あなたに合った治し方でシミを改善し、美肌を目指しましょう!